城ドラーズ | 城とドラゴン攻略サイト

*

【城ドラ】《城ドラメモリー[3]》昔はすごかった!1キャラ最強時代ランキング【 城とドラゴン攻略】

   


城ドラ 最強ランキング

どうも!城ドラ無課金攻略の城ドラーズの城とシーサーです

今回は以前を振り返って、個人的に1強時代があった場面をランキングで振り返りたいと思います

1強ランキング

まずはランキングから行ってみたいと思います
1位 バトルバルーン
2位 クラーケン
3位 アマゾネス
4位 プリティキャット
5位 ゴースト

5位から説明していきます

5位 ゴースト

リリースした当初はゴーストのスキル「イナイイナイバー」はスキル使用感覚に制限がなかったため、連続使用が可能。さらに無敵中に解除できるゼウスやケルベロスが発売されていなかった状態です。また今はキラー持ちのキャラが追加されていますが、プリティキャトがアンチでいましたが、スキル発動すればそれも関係なし。スキル10で10秒近い無敵が続き、解除後即使用という最強のスキルでした

大型ですら3体のスキル連続使用で簡単に処理できる時代があったんです・・・その後アンチ追加とスキル感覚調整、相手スキルを解除できるスキルが登場して落ち着きましたが、現在でもその強さは健在ですね。ゴーストメインでの調整が発生していました

4位 プリティキャット

魅了が無効のキャラがスライムと魔導騎兵くらいしかいなかった時代がありました。これは大型迎撃も例外ではなく、当時ゴーレムが流行っていたことは召喚されたゴーレムにはプリティキャットの召喚で対応すれば問題ありませんでした。魅了を治すのはエンジェルのみ(フェアリー発表前)、さらにそのエンジェルのシュクフクに魅了回復ができないという不具合が発生しており、魅了されると溶けるまでかなり厳しかったです。逆を向いてジシン連発するゴーレムでした・・・・

攻めではフリースペースに流せば止められるキャラが少なくそのまま落城負けも。。。その後、キラーの見直しや無効キャラの追加、大型迎撃への無効も追加され現在に収まっていますが、それでも未だに止めれるキャラがいない場合は厳しいですね

3位 アマゾネス

発売当初は止めれるキャラがいませんでした。とにかくリーダーアマゾネスでダイチギリを連発して相手を撃破していくスタイルが大流行り!さらに恐ろしいことに発売直後はこのダイチギリが城にダメージを与えるというおまけつき、スキル発動でワンパン確定状態でした。これはさすがにすぐに修正されましたが、とにかく大型にも中型にもアマゾネスを出せば問題ない状況でした
その後、アンチにゴーストが出てきましたが、それでも使えるキャラでした

しかし、バランス調整で能力が弱体化、スキル発動時の後方への威力の減少。スキル発動後の硬直時間の増加で一気に弱くなりました。この2点が戻ればランキング10位以内でもまったく問題ない性能です

2位 クラーケン

イカスミがやばすぎでした。画面真っ黒になっていました。もうゲームになりません。ゲーム上のキャラへの弱体攻撃ではなく、直接プレイヤーを攻撃してくるイカスミがどうしようもなく強すぎてゲームになりませんでした

クラーケン スプラトゥーン城ドラ無課金攻略 | クラーケンのイカスミレベル10が尋常じゃない!【城とドラゴン】
どうも城とシーサーです ツイッター上での情報ですが、イカスミスキル10の画像を入手しましたので、お伝えします イカスミ...

1位 バトルバルーン

城ドラ発となるぶっ壊れキャラでしたね。当時のバトルバルーンはまさに無双。なぜなら当時対空持ちはアーチャー魔法使いと空ユニット。しかもそのキャラはバルーンキラーを持っていませんでした。さらに大砲も12発撃ちこんでようやく倒せるレベル。大型にも対空がない時代だったのでバルーンリーダー3体とかそんなリーグでした

この時グルチャ内のメンバーが大量に引退したのを覚えています。CP販売のバルーンをまって即購入したんです。キラーがなかった頃は、討伐でもセンターラインにバルーンをおけば最後までバルーンだけで攻略なんてこともできたくらいです

そんなバルーンもキラーを追加され大砲に弱くされ、大型にも対空をどんどん追加されて弱体されました

それ以降運営側も空ユニットの扱いに慎重になり、フクロウまでずっと販売がありませんでしたね。とにかくバランスブレイカーなバルーンでした

まとめ

他にもカエル剣士最強時代も相当厳しかったです。現在はバランスが崩れるほどのキャラも出てこず、いいバランスの強キャラが発表されては調整されてを繰り返していいゲームになっていると思います。でも最強のバランスブレイカーは格上という仕組みだと思いますね