城ドラーズ | 城とドラゴン攻略サイト

*

【城ドラ】《コラム》キャラゲー・課金ゲー・PSのどれがどう違うのか?勝つために何が必要なのか【城とドラゴン】

   

どうも!城ドラ無課金攻略の城ドラーズの城とシーサーです

キャラゲー・課金ゲー・PSについて考えたいと思います

キャラゲー・課金ゲー・PSとは?

城ドラで語られているこの3つですが、ざっくり解説すると以下ですね

キャラゲー:いま旬の強いキャラを使って戦う
課金ゲー:とにかく課金してデッキがかなり強化されている
PS:プレイスキルの略で、ゲームの情報や操作に長けている

こんな感じですね。それぞれ詳しく解説していきます

キャラゲーについて

解説の通り、旬の強いキャラを使って戦うという戦い方です

基本的には新キャラが強く、バランス調整で一気に強くなるキャラもいます
また強キャラにアンチを持っているキャラもある意味キャラゲーという括りには入ってくると思います

キャラゲーするには、お金の力が必須だと思います。キャラを育成するスピードもキャラ取得も、装備作成のメダルも何もかも基本的にはガチャで手にはいりますから、お金だけで入手できると言えますね

ぶっちゃけキャラゲーも課金ゲーになります

課金ゲーについて

課金してデッキを強くするということですが、課金自体は問題ないですが、度を超えた課金ですね
今ならバッジコインやトロフィーなんかも全て課金で問題が解決します

金バッジが50個以上あったり、トロフィーの獲得数が多かったり、城レベルが100超えてるような人は、かなり課金していると思います
前まではトロフィーもスタジアムも課金だけでなく、時間もかけて育成していくものだったんです
ルビーで追加したとしてもトロフィーはかなりの時間をかけて獲得が必要なものだったはずです、実際スーパーボーナスフィーバーでルビー砕いてやったんですが、みんなこんなにやってるのかと関心するほどでした

しかし今はガチャで解決ですね。もうこれは課金ゲーと言わざるを得ないと思います

ただし、課金してもキャラゲーしていない人もいるにはいるかも?しれませんね

今は課金ゲー=ガチャ回しまくりっていうことだと思います

PSについて

PSについては2つですね

・戦い方を知っている
・ゲームの相性情報を知っている
・キャラの使い方に慣れている
・裏技を知っている

この4つです。ここが実は一番重要なんです

戦い方とは基本的なことから応用的なところまでですね、剣士の使い方とか大砲の打ち方とか、攻防や砦争いなど、非常に多くのことがあります
例えば以前に記事にしたものなら以下ですね

他にもたくさん

ゲームの相性に関しては公式で発表されているものですね

これは覚えるのはかなり大変ですが、一個一個覚えるしかないんですよね。取り合えず覚えるのは状態異常からでいいと思います

城ドラの問題作ってそのうち記事にアップしようと思います

キャラの使い方に慣れているというのは、その名の通りですが、やはりキャラを使い続けると使い方はうまくなっていきます。スタジアムでも自分で使ったことないキャラや普段補欠のキャラは使い勝手が悪いはずです。逆にリーダー・サブリーダーで使ってるキャラが来たら、かなりいい感じに戦えますよね。それが熟練度っていうやつだと思います。キャラゲーもいいけど、固定キャラで強くなるのもそれなりにいいと思います

最後の裏技というものですが、これは公式発表されてないけど、知ってる人は知ってる情報ですね。例えば、

・重ねると重なったキャラは攻撃をくわらない、剣士なら大砲で飛ばない
・キャラによっては後方から攻撃するとスキルを食らわない場所がある

これですね。知ってる人は知ってるけど知らない人は知らない情報ですね。この辺も重要な情報だと思います。みんな使ってますか?わからない人のためにも剣士重ねに関しては記事にしたいと思います

重要な順番は?

一番重要なのは誰がどういったって、PSですね。次に重要なのは・・・キャラゲーだと思います。そのあとに課金ですね
PSがあることが大前提で現環境で強いキャラを使うことができて、スタメンキャラのステータスも高いっていうのがかなり重要です

ただ、ランカーを見ると明らかにPSだけでのし上がってるなって思える人もいます。例えば以下の人

ランカー

この人ランカーなんです。キャラ数見てもトロフィー見ても課金はあまりしてない感じですね。無課金かもしれません。キャラゲーをやってる雰囲気もないですが、それでもランカーってのはすごいですね。PSがかなり重要だと証明してくれてる気がします

他にも何人かいますが、基本は課金キャラゲーの人が多いと思います

まとめ

正直課金とキャラゲーすれば、デッキ的には格上は存在しない感じがします。同じくらいか格下との戦いになるということですね。そのぶんお金と時間は消費しているとおいうことになります