城ドラーズ | 城とドラゴン攻略サイト

*

アカズキンの使い方について考える。アカズキンとの距離感が重要?|城ドラ・城とドラゴン

   


どうも!城ドラ攻略の城ドラーズの城とシーサーです

アカズキンの使い方について考えたいと思います

アカズキンの使い方のポイント

アカズキンの使い方のポイントとしては、アカズキン本体のスキルの範囲になると思っています
前線に出してしまうと、召喚ラインを超えて攻撃することになりますが、相手にボコボコにされてしまう可能性があります

ただ、スキルの範囲を意識することで、奥まで突っ込むこともなくスキルを使いながら攻撃することが可能です

スキル範囲について解説したいと思います

[ad#goad]

召喚ラインと同じスキル範囲に出す場合

アカズキン,使い方

上記の召喚ラインで出す場合のメリットとしては、

・味方でサポートできる
・スキルで攻撃を始めることができる

このような感じですね。召喚ラインに味方のキャラを出すことでサポートができますし、召喚後は前線にオオカミが行くことがないので、アカズキンのスキルを追いかけてそこから攻撃が始まります
スキルでの範囲攻撃+強化から始めることが可能です。ターゲットを定めればシャークのようにスキル先制攻撃で始めることが可能

デメリットとしては、スキルで相手後方を攻撃できないことですね。砦裏から大型を出されるとスキルが届かないので、進撃してくるか、アカズキン本体が進撃してスキル範囲が伸びるまでは、攻撃ができない状況です

召喚ラインを超えるスキル範囲に出す場合

アカズキン,使い方

上記のメリットとしては

・相手砦裏や遠距離攻撃のキャラに直接攻撃できる

これですね。遠距離系中型、大型は一気に距離を詰めて攻撃してくるので、かなり厄介な大型になるはずです
遠距離大型との相性がかなりいいと思うので使い勝手はいいと思います

デメリットは、オオカミをサポートすることができないということです
上記のメリットの味方のサポートができません
相手後方に言ってしまうと、オオカミVS相手の複数のキャラという状況になります
アカズキンのゴチソウのサポートのみになりますので、相手が地上キャラや飛行キャラ、大型キャラ複数の火力で一気に潰しの来る場合は、すぐにやられてしまいます

[ad#goad]

状況を見極めて使い分けが必要

個人的には使い分けとしては

召喚ライン=スキルライン
・序盤、中盤での戦闘
・味方でオオカミをサポートしたい場合

このような状況ですね。序盤から相手に突っ込ませると召喚玉が相手も多いので一気に潰されてしまいます
アカズキンのスキルもほぼ使うことなくやられますので、序盤中盤は召喚ラインに合わせるような使い方がいいと思います

迎撃アタッカーのような使い方になると思います
召喚ラインでオオカミの移動範囲を縛る方法です

召喚ラインを超えるスキルライン
・中盤以降でタイミングを見計らう
・砦裏のキャラが倒せない場合
・相手の大型が出尽くしたあと
・相手ののこり召喚玉が少ないと分かる場合

序盤から後方攻撃はかなり危険ですが、中盤以降であれば状況次第でありです
また手持ちのキャラで砦裏が攻撃できない場合で厳しい場合はオオカミを向かわせることになると思います
さらに、相手の大型が出尽くしたあとであれば、斜めにだせばサイドアタックもできますし、中型相手だとかなり活躍できます
召喚玉が少ない相手なら、オオカミの範囲攻撃に対応できないので、かなり活躍できると思います

状況次第で召喚場所を考える必要がある難易度の高いキャラ?

上記のような使い方になるので、割と状況を把握した上で、使う必要がある難易度の高いキャラなのかもしれません

相手後方を攻撃したいからといって序盤から突っ込ませると活躍せず弱いというのは使い方の問題の可能性があります
無難に使うなら召喚ラインにつなぎとめるような使い方が良いともいます

ただ召喚ラインを超えれるキャラなので、状況を見ながらうまく使えればかなり活躍してくれると思います

アカズキンのスキルをいかに多く受け続けることができるのか?というのを最優先に考えるのが良さそうです

まとめ

まだ持ってもないですが、使い方考えてみました。参考にしてみてください

[under under=”エバーテイル”]